【株式会社ジー・システム】電気工事業/セーフティーライダー/安全対策/改修工事/工場/施工事例/環境問題/大阪府/摂津市
HOME|【株式会社ジー・システム】養護施設就労支援/脚立/セーフティーライダー/安全対策/電気工事士技能試験/電線剥離事業支援/摂津市
【株式会社ジー・システム】養護施設就労支援/脚立/セーフティーライダー/安全対策/電気工事士技能試験/電線剥離事業支援/摂津市
脚立用転倒防止装置      セーフティーライダー
電気設備工事
モバイル通信設備工事
電気材料販売
【株式会社ジー・システム】養護施設就労支援/脚立/セーフティーライダー/安全対策/電気工事士技能試験/電線剥離事業支援/摂津市
会社概要
展示会情報
個人情報保護方針
お問い合せ

【株式会社ジー・システム】養護施設就労支援/脚立/セーフティーライダー/安全対策/電気工事士技能試験/電線剥離事業支援/摂津市
 
セーフティーライダー
社長.TV
 
 
電気工事とは

電気工事完了までのプロセス

設計図(現場)を見る
工事担当者

まずは工事の内容を理解します。どんな仕事なのか、何をお客様は望んでおられるのかを、きちんと見つけるのがコツです。
工事施工者

設計図を見て、どんな工事なのか把握しておきます。
興味と心構え、欲しいですね。

お客様とヒアリングを行う

お客様の要望と、こちらの認識が、ズレていないかの確認です。思い違いも多々ありますので、よく判らない内容などは、この際、しっかり質問します。
実際の施工方法を、図面等の資料で、確認しておくのも、この時期です。

担当者の方から、施工の相談をされた時などは、できるだけ協力してあげて下さいね。
担当者の方はこの時期、煩雑な情報の整理で、一番孤独を感じていますので。

施工の準備をする

お客様の要望が、はっきり形になれば、施工の準備に取りかかります。
施工日程に合わせての、資材の発注、及び施工者の選出が、これに該当します。

資材の洗い出し、納入時期等は担当者とよくヒアリングしておきます。
施工段階になって、あせらないようにしておきます。

施工開始

施工の内容を施工者に、図面等を用いながら、説明します。また、安全に作業が行えるか、他業者さんとの間で、お互いの迷惑にならないか、事前に確認して、調整・対応をして行きます。

説明を受けた施工内容をよく理解して、施工して行きます。メインの業務なので、職長さんの言う事をよく聞いて、真剣に、安全に、そして精力的に取り組みます。

工事の出来ばえを確認する

施工が進んでくると、おぼろげに完成の形が見えてきます。機会があればお客様に、出来ばえから、新たな要望の有無など、確認しておきます。測定機器を用いての、電気的な検査なども、この時期くらいから始まります。

施工も終盤に近づくと、電気チェック等も始まり、あわただしくなってきます。
一番注意しなければならないのがこの時期、報告・連絡・相談の基本を、忘れずに行い、作業します。

お客様へ引き渡し

お客様に完成を報告して、使用を開始してもらいます。これで弊社の業務は完了してしまう事になりますが、お世話になった方々に、弊社を代表して、感謝の念は伝えたいですね、これ大事です。
 

担当者の方とは、タイミングがずれるかと思いますが、やはりお客様・関係者の方々には感謝の念を伝えましょう。
COPYRIGHT(C)2007 株式会社ジー・システム ALL RIGHTS RESERVED.